当社では完全データ入稿でのみサービスを承っております。
サービスをご希望のお客様は、下記の注意点を良くお読みになりご入稿下さい。
頂いたデータに問題に明らかな誤りがある場合には、お客様にお知らせし修正をお願いしますが、当社が気付かずに
出力をした場合の責任は負いかねます。この場合にも正規の料金を申し受けます。なお、データ修正後の再出力につ
いては、正規料金の30%引きで出力いたします。

弊社の対応アプリケーション Ebr>

Illustrator(Ver.10まで)

Photoshop(Ver.7.0まで)

Office(ワード・エクセル・パワーポイント)


● データ作成時の注意(以下の設定で作成してください。)

■ Photoshopについて

画像:RGB画像は全てCMYKに変換ください。
カラーモード:全てCMYKを使用してください。
レイヤー:全レイヤーを統合してください。
解像度:出力原寸で200dpi〜250dpi程度の画像であれば綺麗に出力されます。

※元々低解像度のデータを200dpi〜250dpiに引き上げてもdpi値は変わりますが、実質的には元データと変わりませんのでご注意下さい。
画像ファイルの保存形式:PSD、TIFF、EPS形式が望ましいです。

■ Illustratorについて

オブジェクトの色:全てCMYKを使用ください。
カラーモード  :全てCMYKを使用ください。
フォント    :フォントは全てアウトライン化してください。
         アウトラインがかかっていない部分は別のフォントに置き換わってしまいます。
仕上がりサイズ :トンボを使用せずトリムマークで指定ください。
塗り足し    :仕上がりサイズから天地左右に各3mmずつ塗り足しを付けてください。
         塗り足しのないデータは断裁時に用紙の白い部分が残ってしまいます。

レイヤーとロック:ロックは全て解除し全レイヤーを統合してください。
配置画像    :リンクの場合はリンク元のファイルも一緒にご入稿ください。
入稿時のサイズ :サイズは出力原寸でご入稿ください。
印刷見本    :JPEG画像での印刷見本を必ず添付してください。
ファイル名   :データが開けなくなる恐れがありますのでファイル名やフォルダ名には記号を
         使用しないで下さい。また、拡張子を必ずつけて下さい。


■ Office について
br> フォント    :OS標準のフォントを推奨します。(MSゴシック等) 
          当社にてフォントを所有してない場合は別のフォントに置き換わって出力されます。
画像      : 画像が含まれる場合、画像荒く表現される場合がありますので、リンク元の画像
         ファイルも一緒にご入稿下さい。なるべく高解像度のものを推奨します。
色誤差     :Officeアプリケーションの色はRGBで表現されていますが出力はCMYKで表現しています。
         その為データによっては色誤差が出る場合がございますので予めご了承ください。
ご注意     :あまりにも複雑なデータやOffice独自の機能を使用したデータなどは正確に出力され
         ない場合があります。この場合には、写真画質用紙に卓上プリンタを用いOfficeで印刷し、
         スキャナーで読み取った画像を印刷することになります。画質が劣化することがありますので、
         ご承知ください。
※お客様へご協力のお願い

     業務の効率化と出力事故を防ぐ為に印刷見本の添付をお願いしております。
     弊社大判出力サービスをご利用のお客様はご入稿時にJPEG画像を印刷見本として
     一緒にご入稿下さい。

このページのTOPに戻る